電子書籍化によるメリット

電子書籍化によるメリットとして印税の問題がよく取り上げられます。
これは従来の紙の書籍の印税率が10%前後といわれている中、電子書籍化された本の印税率は70%といわれているのです。
これはかなり法外な数字ですが、これが本当だとしたら、電子書籍化された本のコスト構造率はかなり変わってくるでしょう。
実際には紙などの原料代がかからなくなるのでその分のコストは下がります。
しかしアメリカのキンドルが行ったような半額というようなことはしないでしょう。
それを考えたら印税のアップも考えられることです。
それと印税70%というのは、著者が直接電子書籍を製作し、電子書籍ストアに卸す場合を想定しています。
そのようなケースも考えられないではありませんが、現時点では現実的ではなく、印税率も従来とそんなに変わらない率に落ち着くものと思われます。
参考にしたい電子書籍化の案内はこちらです。
こちらのサイトでも電子書籍化と印税の問題は詳しく紹介していますよ。

丸橋賢

真鍋昇 大麻 歯科医師

中央出版

中央出版

中央出版

サンプルイメージ1

電子書籍化と出版社のデメリット

電子書籍化が進むと出版社にも脅威を与える問題があります。
その代表的な例は、作家が出版社を通さ

サンプルイメージ2

電子書籍化と出版社のメリット

電子書籍化の流れの中で問題点はいろいろありますが、出版社についてはどうでしょうか。
参考にした

電子書籍化されることで絶版がなくなる

電子書籍化されることで出版社のメリットとしては在庫がなくなるという最大のメリットがあります。

Copyright© 電子書籍化 All Rights Reserved.